FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリー・ジョエルがライブ活動からの引退を示唆…「スパイナル・タップにはなりたくない」

ビリー・ジョエル(Billy Joel)現在63才のビリー・ジョエル(Billy Joel)がライブ活動からの引退を示唆する発言をした。

4月下旬にシドニーとニューオリンズでコンサートを行なうビリー・ジョエルは、オーストラリアのメディアによるシドニー公演のプロモーション取材の中で、4月の両公演が「big test」であると語り、この公演の出来次第でライブパフォーマンスから引退するかもしれないと語った。

自分がステージを降りる時がいつなのかを見極めたいんだ。スポーツ選手が「私はもうバットを振ることができない」といって引退することがある。だから私は(引退のタイミングの)探りを入れるようになったんだ ... これは私にとっての大きなテストになるだろう。


また、ビリー・ジョエルは「年老いたミュージシャン達がテレビ番組で演奏」している場面を見て、過去の栄光に寄りかかって商売をして、高い音を避けて歌い、体力が無くてパフォーマンスできないそのミュージシャンの姿に嫌気が差したとも語っている。

私はあのような男にはなりたくないんだ。Spinal Tapにはなりたくない。


Spinal Tapとは、落ちぶれたロックバンドがアメリカをライブツアーをする姿をドキュメンタリー風に描いた、1984年公開の映画「スパイナル・タップ(This is Spinal Tap)」に登場する架空のロックバンドのことだ。

1990年代後半にも引退を示唆している彼だが、それ以降は新曲をほとんど発表しておらず、ライブ公演を中心とした音楽活動を展開していた。今回の発言がライブ活動全般からの引退を意図したものなのか、大規模なツアーからの引退を意図したものなのか、どちらなのかは明確にはされていない。

ビリー・ジョエルはRolling Stone誌の本年3月号に掲載されたインタビューの中で、2008年に人工股関節置換手術を受けて以降の体調について、万全の状態ではないことを告白していた。

徐々にだが、確実に元に戻ってきている。85パーセントは戻っていると思う。歩くのは問題ない。昔のように走ることはできない。正直言うと、以前ほど良くないんだ。以前ほど活発に動けない。もうピアノから飛び降りることはできない … それに、声も変わってしまった。低くなった。


[amazonjs asin="B006QJSW40" locale="JP" title="スパイナル・タップ DVD"]

via: news.com.au, ultimateclassicrock
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。