FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国立博物館で開催予定のナパーム・デスのライブが中止に…轟音が建物の構造を破壊する恐れ

Napalm Deathロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で行われる予定だったナパーム・デス(Napalm Death)のライブが中止となった。その理由は、轟音のノイズが博物館の歴史的な建造物自体を破壊する恐れがあるからだという。

Napalm Deathは今週の金曜日にヴィクトリア&アルバート博物館で行われる予定だったフリーイベントに出演して、陶磁器(セラミック)アーティストのKeith Harrisonが制作したサウンドシステムを使用してのコラボレーションライブを行なうことになっていた。このサウンドシステムは演奏中に崩壊していくようにデザインされたものだという。

しかし、博物館がイベント前に安全検査を行なったところ、Napalm Deathのパフォーマンスによって生じる大音量によって建物の構造がダメージを受けるリスクの存在が明らかになり、観客の安全を守るためにイベントを中止することにしたという。

ヴィクトリア&アルバート博物館は1852年に設立された歴史ある国立博物館で、現代美術・各国の古美術・工芸・デザインなど、多岐にわたる400万点の膨大なコレクションを所蔵している。

[caption id="attachment_10375" align="aligncenter" width="560" caption="ヴィクトリア&アルバート博物館"][/caption]

[amazonjs asin="B007RLWYA4" locale="JP" title="SCUM (スカム) (直輸入盤・帯・ライナー付き)"]

via: bbc, dangerousminds
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。