FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画:Dropkick Murphysのステージ上でナチス式敬礼をした観客がメンバーに殴られて退場

ドロップキック・マーフィーズ (Dropkick Murphys)先週ニューヨークで行われたドロップキック・マーフィーズ (Dropkick Murphys)のコンサート中、ステージに上がった観客がナチス式敬礼を行ない、バンドのボーカリストでベース奏者のケン・キャシー(Ken Casey)に殴られ、退場させられるという出来事があった。

観客が撮影した動画がYouTubeに公開されている。問題の場面は動画の8分あたりから。



問題の出来事は、大勢の観客をステージに上げてのアンコールの最中に起こった。バンドがAC/DC「T.N.T.」のカバーを演奏し始めると、画面左のスキンヘッドの大柄な男性が観客の掛け声に合わせてナチス式の敬礼を行った。これを見つけたKen Caseyは、早足で男に近づき、間髪入れず顔面にパンチを入れた。

動画には映っていないが、殴られた男性はステージから退場させられたという。ステージに戻ってきたKen Caseyはマイクを持って「Dropkick Murphysのショーはナチスを歓迎しない(Nazis are Not F--king Welcome at a Dropkick Murphys show)」とMCし、次の曲を演奏し始めた。

[amazonjs asin="B00AG0D5QU" locale="JP" title="サイン・アンド・シールド・イン・ブラッド~勝利への約束"]

via: gawker
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。