FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボビー・ギレスピーは90年代中頃に人知れずPrimal Screamを脱退していた…一晩だけ

プライマル・スクリーム(Primal Scream)プライマル・スクリーム(Primal Scream)のボビー・ギレスピー(Bobby Gillespie)が英新聞Guardianのインタビューを受け、その中でバンドを脱退した経験があることを明かした。

ボビーがバンドを脱退したのは、1994/95年ごろのアルバム 「Give Out But Don't Give Up」と「Vanishing Point」のあいだの時期のことだという。Sonyとの契約で新アルバムを制作することを求められていたPrimal Screamだったが、「クリエイティブな面と薬学的(pharmaceutically)な面で頭打ちになって」おり、そこにバンド周辺の人物の死が相次いだことも重なり、バンドの全員が落ち込んでいた時期だという。

ボビー・ギレスピーとアンドリュー・イネスは下のように振り返っている。

「俺達がオーストラリアに行った時、俺は一晩のあいだバンドを辞めたんだ」。ギレスピーは言った。「俺がPrimal Screamを離れたのはその時だけだ。俺達は緊急のトップ会議を開いたんだ。俺、アンドリュー、アレックス(当時のマネージャー?)、そしてThrob(ロバート・ヤング) … 彼らは俺に向かって大声で叫んでいて、俺はとても唖然として、それでバンドを辞めたんだ」。

アンドリューは「お前(あの時に)辞めていたのか?本当に?」と言わんばかりに顔をあげて、「その時のことについての俺の記憶は不完全なんだ」と溜息をついた。

「次の日には戻ったよ」とギレスピーは認めた。

要するに、誰もギレスピーがバンドを辞めたことにすら気付いていなかったのですか?

ギレスピー「当時は彼らの頭の上に核爆弾が落ちたとしても、気付くことができたとは思わないな」。


この行き詰まった状態からバンドが復活するきっかけとなったのが、Led ZeppelinのボーカルのRobert Plantとの出会いだったという。

ギレスピー「みんな本当にひどく落ち込んでいた。だから俺達は休憩にパブへ行くことにした。その道中で『調子はどうだ、お前ら(All right, lads)』という声が聞こえてきた。それがロバートだったんだ。俺たちを奮い立たせてくれた」。「彼は熱狂的(な音楽ファン)だよ。音楽についてのすべてを知っているんだ」。イネスは続ける。「ブルースだけじゃないんだ。彼はサイケデリックミュージックやテクノ、どんな音楽についても話すことが出来るんだ」。


Robert PlantはPrimal Screamが5月にリリースする新アルバム「More Light」に収録予定の楽曲「Elimination Blues」にボーカルで参加している。

[amazonjs asin="B00BNPWBPI" locale="JP" title="More Light"]

via: guardian
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。