FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画:Ke$haのライブにThe Residentsそっくり(無許可)のダンサーが登場…The Residents「知的財産の侵害」

ザ・レジデンツ(The Residents)現在ライブツアー中のケシャ(Ke$ha)、そのライブの演出にザ・レジデンツ(The Residents)を思わせるダンサーが登場する場面があり、このパフォーマンスがThe Residentsの許可を得ていないことが明らかになって波紋が広がっている。

The Residentsはアメリカで70年代から活動するロックバンド・アート集団で、タキシードとトップハット、巨大な目玉のマスクという姿で知られている。このタキシードとトップハット、巨大な目玉のマスクというThe Residentsのトレードマークそのままの姿をしたダンサーがKe$haのライブに登場する。

その場面を観客が撮影した動画がYouTubeに投稿されている。



このような演出があることを知ったThe Residentsのファンの間では困惑が広がり、Ke$haがThe Residentsの使用許可を得ているのかどうかが注目されていたが、The Residentsの関係者からKe$haが使用許可を受けていないことが明かされた。

この関係者とは、現在撮影中のThe Residentsのドキュメンタリー映画の監督、Don Hardy。彼によると、The Residentsのメンバーは今回の出来事を「知的財産の侵害」だと受け止めており、Ke$ha側からは何の連絡もなかったという。現在The Residentsはどのように対処するか協議しているとのこと。The Residentsは訴訟以外の方法を探っているようで、彼女と会って5分間会話をして、演出がオマージュであることをファンに向けて語ってもらうほうが、ファン層を広げることになって結果的に良いとThe Residentsは考えているのではないか、とDon Hardyは語っている。

またDon Hardyは、今回の騒動が起こる前にKe$haがMTVの番組にThe ResidentsのTシャツを着て出演していたという報告を受けていたと語っており、Ke$haがThe Residentsのファンだと受け取った監督は、ドキュメンタリーのために彼女にインタビューしようとしていたいう。

Ke$haの側はこの件に関してコメントしていない。

[amazonjs asin="B008I5CUX4" locale="JP" title="Eskimo"]

via: yahoo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。